• ホーム
  • 押し花乾燥マットの再乾燥方法

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名 または 花の名前で探す

カレンダー

2017年6月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2017年7月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

※●は休業日です

その他のオプション

乾燥マットの再乾燥

(1) 電子レンジを用いた再乾燥方法

① 乾燥マット1枚を紐で筒状に縛り、1枚ずつ電子レンジに入れ、50秒加熱する。bihakumat_dry.gif (1504 バイト)
    (図1参照)

  • ひもは、ゴムや金、銀色の物は避ける。
  • 加熱時間が1分を過ぎると焦げることがあるので注意。
  • 吸湿した乾燥マットが重なると焦げやすいので注意。
  • ターンテーブルがあるタイプの電子レンジでは、乾燥マットが壁面などにひっからずに、うまく回っているかどうか確認する。
  • 長い時間加熱すると、発熱、発火する場合がありますので必ずそばにいて安全に再乾燥させてください。

② 乾燥マットを外に出して広げ、水蒸気を飛ばすようにして、1分ほど冷ます。

③ もう一度②を筒状に縛り、電子レンジに入れ、30~50秒ほど様子を見ながら乾燥マットが焦げないように注意しながら加熱する。
焦げそうであれば直ちに電子レンジをスイッチを切ってください。
※電子レンジの水蒸気やターンテーブルの上の水分を取り除いてから加熱すること。

④ ③の乾燥マットを外に出して紐をはずして、平らに広げて粗熱をとる。

⑤ パリッと乾いていればできあがり。ビニール袋に二重に入れ湿気のない所に保管する。

(2) アイロンで乾かす方法

① 乾燥マットから中身の紙を取り出す。

wpe3.jpg (3180 バイト) bihaku_dry2.gif (1776 バイト)

② 新聞紙の上で1枚1枚アイロン(化繊2中温)をかけて乾燥させる。
乾燥させたものはビニール袋に入れておき、一束乾燥が終わったところで、まとめて外側のクッションに戻す。そしてビニール袋に二重に入れて保管する。

kansou05_s.jpg (7406 バイト)

関連商品:乾燥マット

<<押し花のヒントに戻る


※関連商品を販売しています。押し花素材と用品のページをご覧ください。

ホワイトブーケ押し花素材館トップページお問合せサイトマッププライベートポリシー特定商取引法に基づく表記